心に響くおすすめアニメ6選

皆さんは、どのような時にアニメを鑑賞しますか?

例えば、楽しみたい時や悲しい時、ストレスを発散したい時など…様々な理由がありますよね。

その中で、自分の中で心に響いたアニメというものがある気がします。私自身、幼少期からアニメが大好きで大人になっても時々気に入ったアニメを見ることで、心に染みるような感覚になるものがあります。

そこで今回は、アニメを通じて「心に響く」とテーマにおすすめのアニメを6作品ご紹介していきましょう。

今一度見たい作品や、気になる作品等ありましたら、是非参考にしてみてくださいね。

心に響くおすすめアニメ6選

今回ご紹介するアニメは、感動の他にも少しショッキングなどの感情を含めた「響く」を考えて構成しています。

人にとっては少しブルーな気持ちだったり、あまり良くわからなかった…という作品もあるかもしれませんが、アニメ作品の個性と思ってどうぞご覧ください。

1.魔法少女まどか☆マギカ

ジャンル ダークファンタジー
放送期間 2011年1月7日~2011年4月22日
話数 12話
監督 新房昭之
制作 シャフト
原作 Magica Quartet

魔法少女と魔女が存在する世界の、架空都市「見滝原」。その存在に、一般人は気づくこともありません。

主人公は、見滝原に住む中学生の鹿目まどか。何気ない学校生活を送っていた時に転校生の暁美ほむらがやってきて、そこから転機が訪れます。

学校の友人や先輩が、自分にとっての「願い」を代償に魔法少女として契約し、魔女達と戦います。どうして?誰のため?…ただ傍観する事しか出来ないまどかへ、架空キャラクターキュウべぇから誘われます。

「僕と契約して魔法少女になってよ」

この作品のポイントは、可愛らしいキャラクターデザインとは対照的に、独特の世界観の背景や音楽が要所要所で存在しており、やや不安定な感情になります。

また作品内では、キャラクターの死亡シーンも取り上げられているため見る時には注意してくださいね!

これだけでは、ただ怖いアニメになってしまうのですが、この作品が絶賛されている理由としては「誰のために生きるのか」「誰のために犠牲になるのか」の感情を、大きく揺さぶるところだと思います。

希望と絶望が、綺麗なアニメーションとやや不協和音の音楽と調和することで心地よさを感じつつ、涙が溢れる作品です。

2.あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

ジャンル 青春群像劇
放送期間 2011年4月15日~2011年6月24日
話数 11話
監督 長井龍雪
制作 A-1 Pictures
原作 超平和バスターズ

通称「あの花」で知られている、2010年代のアニメ作品です。じんたんこと、宿海仁太がリーダーの6人組「超平和バスターズ」。幼少期のころ、彼らはそう言って秘密基地を作って過ごしていました。

ですが、その中の1人のめんまこと本間芽衣子が川での事故に会い亡くなってしまいます…。悲しみの時が過ぎ、高校生になった超平和バスターズの5人は、事故をきっかけにバラバラの道を知らずに歩んでいました。

引きこもり生活を過ごして不毛な日常を過ごしていたじんたんは、ある日目の前に幽霊となった当時のめんまの姿が…。

こちらの作品が魅力的なのは、主人公の様にフォーカスが当たったじんたんだけではなく、6人それぞれの個性が細やかに描かれているところにもあります。その感情は、懺悔や嫉妬、困惑などの10代ならではの揺らぐ心でしょう。

作品を通して6人が「今」に向き合い、どのように友情が修復されてゆくのか?ラストシーンでのかくれんぼ、またエンディングである「secret base~君がくれたもの~」では、涙腺が緩んでしまいます。

3.輪るピングドラム

ジャンル ファンタジー?
放送期間 2011年7月7日~2011年12月22日
話数 24話
監督 幾原邦彦
制作 Brain’s Base
原作

こちらの作品は、少し深い考察の要る作品だと思います。正直私も、最初に見た時は頭がちんぷんかんぷんになった記憶があります。ですが、様々な方の考察や感想を読んで納得し、2回目を見てしまいました!

高倉家の3兄弟の長女であり末っ子の高倉陽毬(ひまり)は、水族館で突然倒れ、不治の病の末亡くなってしまいます。しかし陽毬は突然、ペンギン帽を被った姿で復活を遂げます。彼女が言うには「ピングドラム」を探せ、そうすると復活ことが出来ると…。

どうしても彼女を救いたかった高倉冠葉(かんば)と高倉晶馬(しょうま)は、姿形のわからないままピングドラムを探すストーリー。ピングドラムとは?陽毬の生存は?

映像の細部に渡って、細かい演出がされているこのアニメ。その細部に様々な伏線が張られているので一時停止も必須です。

作品のポイントとしては、陽毬の死は一体何の意味があるのか?そして陽毬が復活することで、何の「運命が変えられてゆく」のかをじわじわと感じられるところにあると思います。

考察されている方が結構いらっしゃるので、噛み砕いて見ることでじわじわと感情が揺さぶられますよ。

4.ロミオの青い空

ジャンル ヒューマン
放送期間 1995年1月5日~1995年12月17日
話数 33話
監督 楠葉宏三
制作 日本アニメーション
原作 黒い兄弟

こちらは、世界名作劇場からのアニメです。

時代背景は、19世紀中盤のスイスにある小さな村。11歳のロミオは、父の病院代の為に自らを売り(人買い)、イタリアのミラノまで仕事に行きます。

仕事内容は煙突掃除。もちろんその仕事は容易いものではなく、さらには買われた家族からのいじめも受けていました。

そんな中同じ境遇のアルフレドと出会い、煙突掃除仲間を集めて「黒い兄弟」という同盟を組みます。そんな彼らの友情、絆の物語です。

今の日本では、子供が人に買われて仕事を契約して働くなんて現状はないですよね。だからこそ、そのちいさな身体で仲間たちと協力しながら働くさまは本当に胸を打ちます。

また、煙突掃除の仕事で得るものもあれば、失うものもあって…。最後にかけて涙が止まりません。生きていくこと出会った友を思うロミオの姿が、とてもたくましいです。

5.MONSTER

ジャンル サスペンス
放送期間 2004年4月6日~2005年9月27日
話数 74話
監督 小島正幸
制作 マッドハウス
原作 漫画(全18巻)

サスペンスからおすすめを1つ。こちらは映画化されている「20世紀少年」で有名な浦沢直樹さんのオリジナル作品です。

舞台は1980~1990年代のヨーロッパ地方。日本人の天才脳外科医Drテンマは、院長の娘と婚約していましたが、院長の命令を無視し強盗事件に巻き込まれた少年ヨハンの命を救います。その選択が、全ての始まりでした。

結果、出世コースから外されてしまい、しまいには婚約を破棄されてしまいます。

その数日後に、院長とその取り巻きが殺害され、救われたヨハンとその妹アンナが逃亡。さらにはその9年後にヨハンは殺人鬼であり、院長らを殺害したのも彼という事実を知ります。

結果として殺人鬼(怪物=MONSTER)の彼を救ってしまったDrテンマは、彼を探し殺害をすることで、責任を果たさなくてはならないと感じ、旅に出ます。

ストーリーが長いこの作品の魅力は、人間の良心と闇の部分が忠実に表現されているところです。具体的なものは「家族愛」「児童虐待」「アダルトチルドレン(AC)」など、かなりリアルに表現されています。

結末はかなりグレーで、自分だったらどう考えるのか?を問われます。それがまた、余計に気味が悪く、かつ心にグサリと響きます…。

6.ポケットモンスターXY・XY&Z

ジャンル ファンタジー
放送期間 2013年10月17日~2016年11月10日
話数 142話(XY:93話 XY&Z:49話)
監督 矢嶋哲生 冨安大貴
制作 テレビ東京
原作 ゲームソフト「ポケットモンスターX・Y」

みなさんも一度は聞いた事のある子供からも大人気な、「ポケモン」。私も幼少期にポケモンが誕生し、サトシや旅の仲間の手持ちのポケモンが、バトルや進化することに釘付けにな

りました。

そのソフト「ポケットモンスターX・Y」をモチーフにしたアニメです。2期にわたって放送されて完結したため、一気に2作品の紹介となっております。

舞台はカロス地方という仮想都市。マサラタウンから来た少年サトシは長年の相棒ピカチュウと共に、新たな冒険の旅が始まります。

今回のポケモンXYからは、新しい進化「メガシンカ」が発見されています。こちらは、今までの進化とは異なりバトル中のみの進化されていて、見たことのないキャラクターの変化に童心に返ったようなワクワク感があります!

この作品は、メガシンカの謎やその進化の謎について明かされており、また出会った仲間との友情や絆などが全体に散りばめていて、子供だけではなく大人も十分に楽しめる内容になっているのがポイントです。

出会いもあれば別れもあり。サトシだけではなく、アニメに出てくる様々なキャラクターの「別れ」のシーンも多くあるのが特徴的です。登場キャラクターは子供たちが多いため、声を上げて涙を流したりシーンも多いためかなりグッとしてしまいます…。

また、サトシのことを好きなキャラクターが存在しているのを顕著に表現している数少ないシリーズですのでそれも必見です(笑)

心に響くおすすめアニメ6選|まとめ

みなさん、いかがでしたか?気になった作品や、既にみたことがあって共感した作品はあるでしょうか?アニメは、映像に併せて人間の声を当てているので、キャラクターが生き生きとする姿を見ることが出来て素晴らしいと思います。

「心に響く」は、良くも悪くも自分の気持ちに触れるので、生きていく上での教訓になることも少なくありません。「このアニメに出会えて良かった!」や、「このアニメを見なきゃよかった…。」と感じることもあるでしょう。

誰かが作った作品で、誰かが影響されていくという関係性は、生きていく上でとても重要だと感じます。あなたもうまく言葉に合わらせない時に、「出会えてよかった」と思える素敵な作品を見つけられるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です